博士を持った人の求人と組立の仕事

求人において、「博士」を持った人を募集されるケースがあります。

これはどのような求人であるのか、というと、「博士号」を持っている人にこの仕事をしてもらいいたい、という採用側の希望があるケースであり、例えば、「学芸員」の仕事などで「人文系、または歴史系の博士号」を持っている人を「学芸員」として採用募集、という求人が出ることがあります。

これについては、より、詳しい知識を持った人を学芸員として、雇いたいという意味であり、学芸員の資格は通信教育などでも取得することが出来ますが、そうではなく、大学などで「歴史・人文系」などの授業を受けてきた人、そのような深い知識がある人、つまり博士の資格を持っている人を採用したい、という意味合いになってきます。

求人とは、このように、人を採用する、雇用するという意味ですが、上記のように同じ資格を持っていても「博士」の資格がなければ、応募できないというような求人も中にはあります。

一方で、組立についての求人ですが、こちらは文字通り、組立の作業を行うお仕事となります。
例えば、電子部品などの組み立てであったり、この他にも箱の組み立て作業などの求人となっており、場合によっては、夜間のお仕事の募集となっていることも珍しくありません。
または、早朝などの時間に、このような求人募集がされていることもあります。
これは、例えばコンビニなどと連携しているお仕事などの場合には、商品が入荷されるのが夜間または早朝であるために、組立の作業が箱などや、生ものなどと関連している場合には、このように、夜間か早朝に組立作業の仕事が依頼されることがあるためです。

ちなみに、組立自体はとても楽しいという人もいるため、人気のある仕事の1つでもあります。

TOPへ戻る