冠婚葬祭関連企業の求人とは

冠婚葬祭は、人が必ず支出を行う節目の為1つの大きな業界として存在しています。ウエディングはイメージが良いですが、葬儀社はあまり良いイメージではないのでそこまで人気がないのがこの業界の特徴です。こういった、冠婚葬祭業界の求人情報は、インターネットやハローワークなどの媒体で簡単に調べることが出来ます。中小企業はあまり福利厚生が良くなく、拘束時間が長い企業が多いので大手企業に就職するのがおすすめです。例えば、大手会社の求人の応募の仕方としては各会社に採用情報のページがあるのでそこから情報収集をしてみましょう。新卒だけでなく、中途採用を行っているところも多いので自分の条件に合わせて見つけられます。冠婚葬祭の仕事はあまり学歴を重視しないところが多く、必要な資格も特にありません。ただし、移動を伴うことがありますので自動車免許は持っておいた方が有利といえます。また、冠婚葬祭業界は人の入れ替わりが非常に多い業界です。特にウエディング業界は女性があこがれて入社してくることが多く、若くして辞めてしまうパターンが非常に多いです。常に人が入れ替わっており、求人をかけ続けているような企業も珍しくありません。また、拘束時間が長く立ち仕事である上、あまり給与が高くないところも辞職理由です。年収ベースでいうと平均より低いところが低く、300~400万円程度の会社が大半です。女性は結婚、出産後続けるのが難しいという理由できっぱりやめてしまう人が多いです。葬儀社も同様の理由が多く、人手不足であることが課題になっています。しかし、合っている人は長年続ける人も多数いますので、興味がある人は1度チャレンジしてみるといいでしょう。

TOPへ戻る